English

Home > FAQ > 輸出入に関して

輸出入に関して

カルネについて

EPAについて

輸出

輸入


 

カルネについて

  • カルネを取得したいのですがどのようすればいいですか?
     
    • 社団法人国際商事仲裁協会/カルネ事業部にお問い合わせください。
      東京事務所〒100-0006
      東京都千代田区有楽町1-9-1日比谷サンケイビル4階
      TEL: 03-3287-3071 FAX: 03-3287-3054
      大阪事務所〒540-0029
      大阪府大阪市中央区本町橋2-8大阪商工会議所ビル
      TEL: 06-6944-6165 FAX: 06-6946-8865
  • カルネで輸入した商品を販売したいのですがどうすればいいですか?
     
    • 原則としてカルネ商品の販売は出来ないことになっています。やむを得ずそうする場合は、税関に申請し納税義務が発生します(用途外申請)。詳しくは、カルネ協会にご相談下さい。

EPAについて

  • EPA(経済連携協定)とは何ですか?
     
    • EPA(Economic Partnership Agreement)とは自由貿易協定(FTA: Free Trade Agreement)と異なり、ただ単に関税を撤廃するなど、通商上の障壁を取り除くだけでなく、締約国間で経済取引の円滑化、経済制度の調和並びに、サービス、投資、電子商取引等、さまざまな経済領域での連携強化・協力の促進等をも含めたものをいいます。
  • EPAを現在日本と結んでいる国は、どこですか。
     
    • 2019年11月現在、タイ、シンガポール、マレーシア、メキシコ、チリ、インドネシア、ブルネイ、ASEAN、フィリピン、スイス、ベトナム、インド、ペルー、オーストラリア、モンゴル、TPP、EUと結んでいます。
  • ジュエリーのEPA関税率を教えてください。
     
    • タイ、ベトナム、EUからはFREE、インドからは0.4%(2019年度)
  • EPA関税率をどうしたら受けられますか?
     
    • タイ、ベトナム、インドは輸出国の第三者機関が発給したEPA原産地証明書を提出することで適用が受けられます。EUは輸出者、生産者、輸入者のいずれかが作成した原産品申告書と場合により原産品明細書を提出することで適用が受けられます。
  • 原産品申告書を作成するにはどうすればいいですか?
     
    • 輸出者(生産者)が作成する場合は輸出インボイスに原産品であることの協定文を記載することになります。輸入者が作成する場合は税関様式C第5292号-4「原産品申告書」に必要事項記載することになります。さらに産品が原産性の基準を満たすことの説明も必要になります。(税関様式C第5293号もあり)

輸出

  • 商品を日本から輸出する際に、インボイスには何を記載すればよいですか?
     
    • 輸出社名住所、荷受人会社名住所、支払い条件(Payment Term)、商品名、Net Weight、Value, 個数、原産国名、建値が必要です。尚、輸出申告は、必ずFOB価格が必要となります。
  • 集荷からお届けまで、どれくらい時間がかかりますか?
     
    • 向け地・通関方法等により、異なりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
  • 個人宛に宝石を送りたいのですが取扱い可能ですか?
     
    • 基本的に弊社は業者間の商用貨物のみお取扱いさせていただいておりますが、国によっては取扱可能な場合もございますので、まずは弊社カスタマーサービスにお問い合わせ下さい。
  • 海外旅行の際に購入したジュエリーが気に入らないので返送したい。どのようにすればいいですか?
     
    • 購入先との返却に関する販売契約はどのようになってますか?購入先との返却の承諾が第一の条件となります。その他状況をお聞きしてからの手配となります。
  • 輸出インボイスの作成をお願いできますか?
     
    • インボイスのサンプルはお渡しできますが、作成については輸出者で手配していただくことになります。
  • 手持ちで海外にジュエリーをもっていこうと思います。何か空港で必要な手続きはありますか?
     
    • 手持ちの貨物であっても商業貨物・商業サンプルであれば輸出入申告の手続きをする必要があります。ご自分で申告方法等ご存知でない方は、Brinksの手配にて業務通関されることをお勧めします。
  • 14条資料の写真で同一品番が複数ある場合は全部撮影する必要がありますか?
     
    • 同一品番1点で構いません。その際、写真に合計数を記載してください。また、全量撮影しても問題ありません。
  • 14条の写真はどのように撮影すればいいですか?
     
    • インボイス上の品番等を記載したタグを商品に付けて撮影してください。その際、写真上で品番がわかるようにしてください。また、インボイスの順番通りに写真を撮影すると通関がスムーズです。
  • ゴールドバーを輸出する場合の注意点を教えてください。
     
    • バーの刻印内容(メーカー、シリアル、純度、重量)が必要です。また、輸出の目的、仕入れ先、仕入れ数、仕入れ価格、仕入れ状態の情報が必要です。

輸入

  • 輸入した商品を納品書(インボイス)と照らし合わせたところ、数量が少ないあるいは多いことに気づいた。どのようにすればよいか?
     
    • まずは弊社カスタマーサービスまで状況をお知らせ下さい。当社で輸入取り扱いをした貨物に関しては、税関との折衝および事後での手配に関してお調べいたします
  • 輸入時の関税が知りたいがどこへ問合せをしたらよいか?
     
    • 税関のホームページより輸入品目毎に検索することができます。 http://www.customs.go.jp/
  • 商品を確認後、欲しい分だけを輸入したいのですが通関の方法はありますか?
     
    • 弊社、検品室(保税蔵置場として登録済み)で検品の後、一部輸入のお手続きが可能です。事前の予約が必要となりますので、通関前にご連絡をお願いします。
  • 宝飾品と一緒に無料で配布する販促品を輸入しようと思います。税金はかかりますか?
     
    • 無料で配布するものであっても、輸入申告上、申告金額が必要となり納税の必要があります。また、販促品のアイテムによって税金の料率が異なります。詳しくは税関HPで公開しておりますのでご参照ください。
  • どのような免税手続きがありますか?
     
    • 展示販売目的で輸入した貨物を再輸出する場合は税金が払い戻される(19条-3)
      展示販売や鑑定目的で輸出した貨物を再輸入する場合は税金が免除される(14条-10)
      修理目的で輸出した貨物が修理後輸入する場合は税金が減免される(11条.暫8)
      カルネ手帳にて通関する場合には輸入時税金が免除される(17条)
      輸入した貨物が契約内容と相違していて、その貨物を輸出した場合は税金が払い戻される(20条)など
  • ワニ革を使用した腕時計はどうしたら輸入できますか?
     
    • 業務通関の場合CITESが必要になります。無い場合には時計の本体のみの輸入になります。
  • ラフダイヤを輸入するにはどのような書類が必要ですか?
     
    • 輸出国の公的機関が発給する「KIMBERLEY PROCESS CERTIFICATE」が必要です。なお、リング等製品に使用されているラフダイヤは該当しません。
  • 貴金属スクラップの輸入を考えていますが価格が決まっていません。どうしたら輸入できますか?
     
    • 輸入許可前貨物引き取り承認の手続きがあります。担保を提供してBP申告することで貨物を引き取ることができます。後日価格が決定したら納税申告をします。(基本三ヶ月以内)
  • 輸入貨物に係る税金の支払い方法を教えてください。
     
    • 通関業者の立て替えの他に輸入者の銀行口座から引き落とされる方法(リヤルタイム口座引き落とし)や3か月後に1月分をまとめて支払う方法(納期限延長)があります。